不妊の原因がわからないとき

不妊の原因がわからないとき

器質的な異常が見当たらないのに不妊症で悩まれる方がいます。原因不明ということは絶対にないのです。ただ子宮や卵巣に異常が見当たらないだけで、体の中の細胞1つ1つは不健康であることが少なくありません。

 

・ 不妊症に栄養失調が多い
不妊症の方の血液を検査すると、たんぱく質・亜鉛・鉄などの栄養素が不足している方が多くなっています。つまり原因不明とは栄養失調であることも少なくないのです。栄養療法に詳しい不妊外来で検査すると栄養面の不足がわかります。

 

・ 栄養失調でホルモンが分泌しない
栄養不足が見られる女性はホルモン分泌の量も少なくなります。極端にダイエットをして脂肪を制限しすぎていたり、亜鉛の量が少なく酵素が上手く働かない人も多くなっています。

 

・ アミノ酸、ビタミン、ミネラル
人の体で一番多い物質は水です。次に多いのはたんぱく質で体の中ではアミノ酸に分解され再合成されています。アミノ酸は様々な組み合わせを持ち1つでも不足すると合成できません。さらにそれらの働きを助けているのがビタミンやミネラルなのです。

 

・ 栄養失調では流産しやすい
栄養が調っていない人は流産してしまうことが多くなっています。卵子の細胞が未完成であったためで、受精卵ができてもなんらかに異常が生じ細胞分裂できなくなります。